しじみやウコンを服用しても肝臓は治らない

健康を考えるならお酒は控えるべし

断酒薬のレグテクトを利用し、今まで悩んでいたアルコール依存症を改善させる。
ただし、アルコールはけっして体に”毒”ではなく、毎日のように過剰に飲むことが問題の原因になるかと思います。

 

アルコールは依存症が強いために、”適量”を意識して飲もうとするのですが、ついつい酔いが回り、過剰に飲んでしまう・・・。

 

アルコールを大量に飲むと、依存症の他に肝臓がんになりやすいために注意をしておかなくてはいけない。特に、肝臓の場合は、症状がわかりにくい臓器の一つで、普段は正常だと思っていても、健康診断などで、「脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓がん」が覆ってしまうそうです。

 

一時期は、ウコンやしじみを吸収させることで、二日酔いや肝臓の症状を和らげる効果があるといわれていましたが、実際はそのような効果はわかっていないそうです。

 

あくまでも、ウコンやしじみの成分に、肝臓の働きを補助する効果はあるそうですが、だからといって、肝臓に対する症状を和らげるものではないといわれています。

 

そのために、アルコール依存症の場合は、意識的にレグテクトなどを服用し、改善を図ること。健康のことを考えるなら、普段から適量を考えて飲むことが、先の健康につながるかと思います。

 

 

ページトップへ