毎日のように大量にアルコールを吸収

アルコール依存症とは

心の疲れをいやすために、仕事から帰ってきたら、ビールや日本酒、焼酎を飲む。これは大人なら、だれでも行うことだと思います。

 

しかし、飲み過ぎることで、自分自身をコントロールできず、大量に飲んでしまう。アルコールを大量に飲むことは良くないと、自分ではわかっているのですが、脳に異常が起きてしまうことで操作することができない、、、これをアルコール依存症位と言います。

 

毎日のようにほろ酔い気分なら、気分もよく、ストレス解消ができると思いますが、アルコール依存症が起こると、「麻薬や覚せい剤」と同様に、依存性が高くなるために、量を下げること、飲むことをやめることができなくなるとされています。

 

アルコールの量が増えてしまう原因も、はっきりとわかっていないそうですが、個人差により、それぞれ異なるそうです。

 

例えば、遺伝やストレス、そこから始まる不安、悩み、生活環境など。アルコールを毎日飲むことで、次第に酔いがあさくなり、少しの量だけでは酔わなくなり、ひにひに、酒を飲む量が増えるわけですね。

 

 

厚生労働省の調べによると、「節度ある適度な飲酒」と「多量飲酒」を明確に分けるようになりました。
例えばこちらの表記になります。

 

  • 正常の飲酒量:1日平均20g
  • 多量飲酒:1日平均60g

 

大量飲酒を毎日繰り返すことで、アルコール依存症が起こってしまいます。

 

そこで、本サイトでも紹介しているようにレグテクトを活用することで、改善を図ることができます。

 

 

ページトップへ