依存症を悪化させないようにする

お酒の量を制限する

飲酒が習慣になっている人はアルコール依存症が進行していく可能性があります。最初はビールだけで楽しんでいたのが、こんどは焼酎、ワイン、と当たり前のようにのみ、どどんどんと泥沼にハマってしまいます。

 

お酒を飲むことは悪いことではありません。しかし、大量に飲みすぎることで依存症になってしまいます。

 

お酒が大好きな人、お酒に強い人などは習慣的に飲酒をしているかもしれません。

 

知らないうちにアルコール依存症は進行してしまうので、だれもが注意する必要があるでしょう。

 

 

以前はお酒をたくさん飲めなかったのに、だんだん飲酒量が増えてお酒に強くなったということはありませんか?
頻繁にアルコールを飲んでいると体は慣れて、どんどんお酒に強くなってくることがあります。

 

さらにアルコールを飲むとほろ酔いして楽しくなったり、気持ちが良くなったりするかもしれません。

 

しかし、習慣的に飲酒をしているといつものお酒の量では同じような快感が得られなくなってきます。

 

そして快感を得るためにお酒を飲む量がどんどん増えていくのです。適量なら健康につながると言われています。血液の循環や体の健康になりますが、どんどん進行させることで、体のバランスが崩れてしまいます。

 

初めは付き合いで飲んでいた場合でも、一人の時にもしばしば飲酒をするようになるかもしれません。

 

 

アルコール依存症が進行していく初めの症状は、お酒がないと物足りない、落ち着かないという比較的軽いものでしょう。

 

ところがこうした症状はどんどん進行していき、お酒がないとイライラしたり周りに当たり散らすようになります。

 

家族や友人など周りの人も、いつもと違う変化に気付き始めるかもしれません。

 

身体的な症状としては、睡眠障害や微熱、汗を大量にかくなどの症状が出ることがあります。

 

集中力や記憶力も低下するため、仕事でもミスが続いたり人とトラブルを起こすことも増えてきます。

 

自分でアルコールのせいだと気付いても、この時点ではすでに自分で禁酒するのが難しい状態になっているでしょう。

 

 

アルコール依存症も最終段階にまでなると命に関わってきます。

 

常に酔いつぶれるまでアルコールを飲むようになり、もはや働くこともまともな生活を送ることもできません。

 

大量のアルコールを常に摂取していると、肝臓に負担がかかり大病をする可能性が増大します。

 

食事を摂らなくなるため栄養不良になり衰弱死することさえあるのです。

 

アルコール依存症になる人は、初めのうちはこのような結果になるとは思いもしなかったことでしょう。

 

習慣的に飲酒をしているうちにどんどん進行してしまうのです。

 

自分は大丈夫だと思っていてもなる可能性があるので恐ろしい病気ですね。

 

 

アルコールを毎日飲む習慣がある方は、量を制限して飲酒をするようにしましょう。

 

自分では治せないアルコール依存症は医療機関で早めに治療することが必要です。ただし、依存症は自分では気づかないために、早めの治療が重要です。

 

 

 

ページトップへ