副作用により意欲の低下

レグテクトの副作用「意欲の低下?」

レグテクトは日本だけでなく、世界的にも利用している人が多く、効果を体感しアルコール依存症を完治している人もたくさんいます。ただし、効果がある分、副作用もあるために、理解したうえで服用することが重要になります。

 

主な副作用として、
「むくみ、下痢、傾眠、腹部膨満、嘔吐、湿疹、乾癬、蕁麻疹、痒症、斑状丘疹状皮疹」
などが報告されています。

 

とくにこの中で多いのが「むくみ」で、ふくらはぎ、まぶた、唇、舌など、体のいたる部分がが腫れて、それだけでなく、じんましんが起こる場合もあるそうです。どうしても、体内の血液が慣れていないために、筋肉から水分がはみ出てしまい、むくみが起こってしまうそうです。

 

軽度の場合は、2〜3週間ほどで副作用もおさまり、正常に戻るそうです。しかし、症状が治まらない場合は、医師または薬剤師に相談することが重要になると思います。

 

それからもう一つ、私が感じている服用として、意欲の低下です・・・。
レグテクトは脳に関連するために、どうしても精神的に関わってきます。私が、少し感じているのが、脳が欲求全てを減退させているように思います・・・・

 

意欲が多少低下しているのは、レグテクトの効果があらわれている証拠だそうです。ただ、この副作用がいつまで続くのかが問題。一番いいのが、悩んでいるアルコールの依存症を完全に完治して、薬の服用を停止しることです。

 

 

ページトップへ