アルコールでビタミン不足に?

アルコールとビタミンの関係

「焼酎は太りにくい」、「蒸留酒は痛風の原因になるプリン体が少ない」、「ポリフェノールが豊富な赤ワインは体のさびを予防する」。

 

いろいろ探してみると、アルコールには様々な体に良いというメリットがたくさんありそうですが、、、。

 

しかし、アルコールは百薬の長という言葉があり、アルコールによって消費されるビタミンがかなり多いために、体に良くないということもあります。

 

つまり、アルコール依存症になると、どうしてもビタミン不足が起こりやすくなります。

 

アルコール依存症の患者に、ビタミンB1が不足で起きる「脚気」やナイアンシン不足からくるペラグラ、つまり食欲不振、倦怠感、皮膚炎などが起こってしまうわけです。

 

最近ではあまり聞かなくなったのですが、アルコール依存症になると、欠乏症になるといわれています。これはアルコールの飲み過ぎでビタミンが大量に消費されてしまうからなんですね。

 

どうしても、酒を飲むことで、アルコールは腸で吸収された後に、門脈を通って肝臓に運ばれて、分散され、二日酔いの原因の物質であるアセトアルデヒドと言う物質になります。

 

この部分が分解されると、酢酸に変化され、全身の筋肉や脂肪酸に運ばれるのですが、アルコールの量が多く、なると、どうしても、ビタミン類が大量に不足するために、さまざまな症状が起こってしまいます。

 

なので、お酒を飲むときも適量を意識し、そして出来ることならつまみはビタミンBが含まれているものを意識すると全然変わると思います。

 

 

ページトップへ