副作用や効果を強くするために水と一緒に服用

水でレグテクトを飲む意味とは?

レグテクトは「なんと一緒に飲む?」
まず、当たり前のことですがアルコールと一緒に飲むことは厳禁です。

 

レグテクトの効果が薄まるばかりか、副作用が起こる可能性があります。というよりも、レグテクトはアルコール依存症を改善するための薬、それなのにアルコールと一緒に服用するのは意味がありませんね。

 

その他に、お茶やコーヒー、ジュースや牛乳などで飲む人もいますが、基本的に注意が必要です。
これは、それぞれに成分が含まれているために、レグテクトと一緒に服用することで、それぞれが結合するために、副作用が起こる可能性が出てきます。

 

そのために、レグテクトを服用するときに利用するのが水になりますね。
特に、冷たい水よりも「常温、ぬるめの白湯」を準備して、できれば180〜250mlの少し多めの身と一緒に錠剤を服用します。

 

これが一番、レグテクトの効果を存分に発揮してくれませうね。
特に、胃の中で吸収するために、胃腸の弱い人や胃潰瘍の人への負担を減らすためにも、水と一緒に服用することが重要になります。

 

ただし、細かいことを言うと、水の中での「アルカリイオン水」は、少し抵抗感が強いために、薬を服用するときは、むかないといわれています。

 

 

ページトップへ