ノンアルコール「オールフリー」

ノンアルコールビールには発がん性が含まれている?

体のことを考えるとアルコールを飲み過ぎるのは良くない。飲み過ぎることで依存症になってしまう。とくに、アルコールをんだ状態で車の運転は危険、しかも、酔の影響で自分自身を失い、周りの人に迷惑をかけてしまうことも・・・。

 

でも、一日のストレスを解消するためには酒は飲みたいもの。。。どうしたらいいのか?

 

そんな時におすすめになるのがアルコール「ゼロ」のノンアルコールビールである「サントリーフリー」種類で部類されている「オールフリー」です。

 

テレビのCMでも流れているように、美味しそうに山口智子さんが美味しそうに飲んでいる。あたかもアルコールがたっぷり含まれているように見えますが、ゼロです。

 

っということで、早速コンビニで購入してみました。
1本で約150円ほどで販売しています。飲んでみると今までのビールテイストで味は美味しいです。口の中が乾いた状態で、グビッと飲むと、若干甘さを感じ、ホップの差しこむような味を感じることができます。

 

ビール独特のアルコールはないのですが、味を求める人におすすめです。しかし、現在リのうちに、香料移行が添加物なので少し注意が必要です。他にもノンアルコールにキリンフリーがありますが、カラメル色素に、褐色の天然色素で、カラメル1、2、3、4の4種類が含まれています。

 

特に、カラメル3と、4の場合は、原材料にあるもニウム化合物が使われているため、それぞれ化合物かを起こして発がん性物質が関係しているそうです。

 

ただし、大量にノンアルコールのビールを飲んだところでは関係ないそうです。アルコールを防ぎ、のどごしの快感を求める人にはおすすめのビールになるのではないでしょうか?

 

 

ページトップへ