適度の運動も大切

水分とアルコール

酒を飲む人の中で「アルコールは健康にいいために毎日飲む」という人がいます。たしかに、酒は適量なら健康につながるとは思いますが、飲み過ぎは禁物です。肝臓に負担をかけるために、体内の臓器に負担をかけてしまいます。たしかに、アルコールなどの水分を補給することは大切ですが、アルコールを大量に補給することで、利尿作用が強くなり、下半身のふくらはぎなどにむくみが起こりやすくなります。

 

あくまでも、むくみは初期症状でそのまま進行することで、静脈還流障害などが起こり、薬などでは治すことができずに、手術を余儀なくされます。そこで、アルコールは適量にし、水分をしっかりと吸収すること。

 

むくみはその他にも、血行不良の原因となります。むくみが起こりやすい原因としては、立ちっぱなしや座りっぱなしなどのしごとをしている人で、長時間に渡り姿勢を保つことで、血流の流れが悪くなり、動脈から静脈に切り替わった時に、心臓に血液を戻すことができずに、水分の抽出がスムーズに行われず、血流が悪化しむくみがおこります。

 

そのために、毎日のようにアルコールや水分を吸収することには問題はありませんが、体外に排出をすることが大事になります。たとえば、運動などをし、汗を書くこと。そうすることで、血液の循環や塩分のバランスがよくなるために、堆積せずに、むくみに悩むことがありません。

 

 

ページトップへ