酒に頼らないように

ストレスをためないようにする

私がアルコール依存症のきっかけになったのはストレスです。
イライラやストレスを解消するために、お酒を飲むというよりも、嫌なことを考えないようにガブガブと飲んでいたという感じです。

 

ただし、専用の薬を飲むことで、酒を飲まなくなっても、社会生活の輪の中で暮らしていくと、どうしてもストレスはたまると思います。この環境の中で、自分をどう抗んトロールするかが重要になります。今まで同じようなことを繰り返していたら、結局はまたストレスが溜まり、お酒をリバウンドしてしまうように思います。

 

そんなことで、私は考え事のクセを付けないようにしています。自分でよくあるのが事故日なんです。本来、自分に関係のない出来事まで自分のせいと考え、自分を責めてしまう傾向があり、プロジェクトが失敗したのは自分が悪い、あの事件は私がいけなかった・・・・考えたくない酒だ!!と言う、こんな展開になってしまう・・・。

 

そこで、一番いいのが、考え込まずに、自分をうまくコントロールすることで。
少しでも不安に駆られそうになったら、
「ダメダメ、考えてもしょうがない、違うことを考えろ!!」

 

っと、自分に言い聞かせて、前に進むようにしています。すると、深く考え込まずに、ストレスもたまらなくなります。

 

 

 

ページトップへ